スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学教科書、理算3割増=さらに厚く、ゆとり脱却-新指導要領に対応・文科省検定(時事通信)

 文部科学省は30日、小学校で来春から使われる教科書を審査した2009年度検定の結果を発表した。学習内容を増やした新学習指導要領に対応する初の検定で、ページ数(申請段階、B5判換算)は現行教科書に比べ全教科平均で24.5%増加。特に理科は36.7%、算数は33.2%増えた。申請があったのは9教科148点で、すべてが合格した。
 来年4月から全面実施される新指導要領では理科、算数の授業時間が以前より各16%程度拡大したが、ページ数の増加はこれを上回った。学習内容を3割削減した現行指導要領の「ゆとり教育」から、完全に脱却することになる。
 今回の教科書には、新指導要領に基づき、素数(5年算数)、電気の利用(6年理科)などの新たな項目が盛り込まれた。対称な図形(6年算数)、文字を用いた式(同)など、現行指導要領では削除されたが復活した項目も多い。
 また、算数では練習問題が増え、実生活とのかかわりを学ばせる応用問題も充実。理科は写真、図表を多くする傾向が続いた。国語、社会などでは「わが国の郷土と文化を愛する」とうたった改正教育基本法を反映し、日本文化や伝統を扱った題材が増えた。
 現行指導要領に初めて対応した00年度検定の教科書とページ数を比較すると、全教科平均で42.8%増加。理科は67.3%、算数は67.0%も増えている。 

【関連ニュース】
理科で範囲外から出題=国立高専入試
関係良好、韓国に配慮=自民は追及の構え
日本大使に遺憾表明=竹島めぐる学習指導要領解説書で
ボール遊びのプログラム開発=子供の体力低下など背景に-JTL

上方漫才大賞に中川家(時事通信)
足利事件 栃木県警が会見「改めておわび」(毎日新聞)
「雇用支援機構」入札白紙へ、すべて傘下落札で(読売新聞)
与謝野氏が離党届提出 谷垣氏「残念だ」(産経新聞)
時効迎え「反省、教訓を」=国松元警察庁長官(時事通信)

雑記帳 「気持ちよく勝たせてあげちゃった」(毎日新聞)

 4月3日に開幕する野球の独立リーグ「ジャパン・フューチャーベースボールリーグ」に参戦する三重スリーアローズが27日、タレントの萩本欽一さんが率いるクラブチーム「茨城ゴールデンゴールズ」とのオープン戦を、津市の津球場で行った。

 萩本さんは試合前、三重の松岡弘監督に「こっちはお笑いチーム。ムキにならないでよ」と話しかけるなど軽妙なマイクパフォーマンスを披露。約6000人の観客を楽しませた。

 試合は三重が2-1で劇的なサヨナラ勝ち。萩本さんは「気持ちよく勝たせてあげちゃった」と、最後まで観客を笑わせていた。【福泉亮】

【関連ニュース】
ゲバゲバ90分!:伝説のギャグ、40年ぶりに復活 社屋移転で発見のテープ復元
社会人野球:来年度大会、日程決まる--県野球連盟 /青森
コント55号:欽ちゃん、二郎さん 久々2ショット「もう最後…」 したまちコメディ映画祭
はしのえみ:「お嫁に行きました」夫婦そろい舞台で宣言 “父親”欽ちゃん「泣けてきちゃった」
コメディ映画祭:笑いの聖地・浅草で開幕 栄誉賞・小沢昭一ら芸者衆と赤じゅうたん

10年度予算、24日夕に成立(時事通信)
エコカー優遇検討=新たな高速道割引で-国交省(時事通信)
<火振り神事>炎の輪、浮かぶ 阿蘇神社(毎日新聞)
<民主党>今年6勝14敗 都県議補選・市長選(毎日新聞)
箕面でまた不審火、7件目(産経新聞)

「基幹型と協力型病院の連携を」―医師臨床研修部会(医療介護CBニュース)

 厚生労働省の医道審議会・医師分科会医師臨床研修部会(部会長=相川直樹・慶大名誉教授)は3月25日、2011年度臨床研修における激変緩和措置の扱いに対するパブリックコメントについて議論した。特に意見が多かった基幹型臨床研修病院の指定継続やその基準について、委員からは「病院側には『基幹型』から『協力型』になることへの不安感が根強い。連携が重要だ」などとする意見が相次いだ。飯沼雅朗委員(日本医師会常任理事)は、「基幹型」と「協力型」が連携したモデル事業をやるべきだと主張した。相川部会長は今回の議論を踏まえ、改めて激変緩和措置への対応方針を確認した。

 医師臨床研修部会は2月18日の前回会合で、激変緩和措置への対応方針を大筋で了承し、厚労省が広く意見を募集。3月19日までに、個人や自治体、医師会などから合わせて470件が寄せられた。基幹型臨床研修病院の指定について、激変緩和措置は新しい基準を満たすための猶予期間として12年度から研修を始める研修医の募集まで継続した後、廃止するとされているが、パブリックコメントでは「次回の制度見直しまで続けてほしい」という声や、指定基準に関して「年間入院患者数3000人以上の根拠が分からない」と指摘する意見があった。

 11年度臨床研修への対応としては、高額な給与を支払っている場合の補助金について、年額720万円を超える場合は病院に対する補助金を一定程度減額することが盛り込まれたが、パブリックコメントでは「研修施設間の公平性を保つため、一定額の減額に賛成する」と評価する意見がある一方、「減額すると医師のモチベーションが低下する」などと反対する声があった。

■11年度の研修医の募集定員の上限、前年度から112人減

 厚労省はこの日、11年度の研修医の募集定員について、都道府県別の上限などを試算した結果を明らかにした。それによると、募集定員の上限は全体で9867人で、10年度の9979人から112人減少した。
 ただし、激変緩和措置への対応方針に盛り込まれている産科・小児科プログラムによる募集定員の別途加算分を含めた場合、最大で436人分の定員を増やすことが可能で、定員の上限も前年度より324人分多くなる計算だ。
 対応方針では、募集定員20人以上の基幹型臨床研修病院に設置が義務付けられている産科・小児科プログラムの定員4人分を募集定員とは別に加算する取り扱いとなっている。


【関連記事】
基幹型病院の指定継続、12年度の研修医募集まで
医学部新設と急激な定員増は慎重に―医学部長病院長会議
新医師臨床研修制度の激変緩和措置への対応などで議論
研修医の年収、最大6倍以上の格差
「医療はこうあるべき」と決め付けずに

<茨城空港>アシアナ航空機がオーバーラン(毎日新聞)
遺体取り違え解剖、目印を確認せず…都監察医務院(読売新聞)
<介護福祉士候補>インドネシア人の1割、日本語分からない(毎日新聞)
雑記帳 「工学博士号取得世界最高齢」ギネス申請(毎日新聞)
「キャバクラ労組」100人が歌舞伎町をデモ(スポーツ報知)
プロフィール

ミスターよしはるあきやま

Author:ミスターよしはるあきやま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。